ばがなち(若夏)の風を感じて


若夏

読み方:ばがなち 竹富の狂言で使われる好きな言葉であり、一番好きな時期でもあります。

「うるずん ばがなちぬ 来ば。ゆしきで いばんで むたい栄し。むたい栄んな。大穂 長穂 出じ。」と、まさに仲筋の狂言にある通りです。

若々しい青々盛りとした季節を創造させる季語で、作物や月桃が満開になり、濃厚に薫る草花にめまいがするほどです。

古来からの琉球語の辞書である混効験集(こんこうけんしゅう)によると「四・五月穂出る比(ころ)を云(いう)」とあり、新暦では5・6月にあたります。

ちなみに「うりずん」とよく混同されるが、うりずんは旧暦2・3月のころをいい、ばがなちはここ竹富島にやってきています。

五香屋の線彫りや染め付けにある「月桃文」。

ばがなちの今が見頃です。


​BLOG